楽天モバイル0円廃止!1GBプランの最安値比較

楽天モバイル0円廃止

楽天モバイルは、2022年6月末で0円プランの設定がある現行プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」の終了を発表し、0円運用が不可となりました。
「0円廃止」「0円終了」などがトレンド入りしています。

既存の楽天モバイルユーザーも、2022年7月から自動的に新プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」に強制移行となります。

新プランの料金を解説した後、オススメの乗り換え先(MNP先)をまとめていきます。

新プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」の料金体系

2022年7月から導入される新プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」の料金プラン体系が下記となっています。

料金比較【2022年7月から】
Rakuten UN-LIMIT VII
【2022年6月まで】
Rakuten UN-LIMIT VI
~1GB1,078円0円
~3GB1,078円
~20GB2,178円
20GB超3,278円

Rakuten Linkでの国内通話無料には変更なし

相手の声が聞こえなくて、かけ直さなきゃいけないという酷い通話アプリ「Rakuten Link」での国内通話が無料という点は変更ありません。

Rakuten Linkでの通話品質・遅延・声が聞こえないといった不具合からのクレームもかなり多いようで、楽天モバイルでは通常の通話アプリでの通話時に、10分かけ放題となるオプション「10分(標準)通話かけ放題」も月額1,100円で用意されていました。

新プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」では、価格据え置き(月額1,100円)で、15分かけ放題にアップグレードされています。

1GB未満の利用者なら実質1,078円値上げ

上記でご紹介した、まとめになりますが、通話料金に関しては据え置きで、月額1,100円の通話オプションが優遇化。1GB未満の利用料金が実質1,078円値上げという形になっております。

今回の新プランへの移行で、他社への乗り換えを検討すべき方は、1GB未満のユーザーさんになります。

【11社比較】1GBプランの月額料金 最安値590円

1GBプランを比較してみると、最安値はHISモバイルの格安ステッププラン590円となっています。
注意点としては、段階制料金プランになっている為、1GB以上使ってしまうと徐々に料金が上がっていきます。
(イオンモバイル さいてきプラン・レキオスモバイル 5STEPプランも同様)

月額容量MVNOプラン名回線
590円1GBHISモバイル格安ステッププランdocomo
737円1GBLinksMate1GBdocomo
765円1GBロケットモバイル1GBプランdocomo
770円1GBOCNモバイルONE1GB/月コースdocomo
858円1GBイオンモバイルさいてきプランdocomo/au
1045円1GBレキオスモバイル5STEPプランdocomo
1078円1GBBIGLOBEモバイルプランSdocomo/au
1078円1GBJ:COMモバイル1GBプランau
1089円1GBb-mobile990 JUST FIT SIMdocomo
1298円1GBmineo1GBdocomo/au/Softbank
1320円1GBDTI SIM1GBプランdocomo
1375円1GBロケットモバイル1GBプランau
1738円1GBロケットモバイル1GBプランSoftbank

端末をセット購入するなら

今回のMNPにあたり、端末を新しく購入する予定であれば、端末価格の安い「OCNモバイルONE」がオススメです。
OCNモバイルONEの格安スマホを2つご紹介していきます。

【5,390円】iPhone 8 64GB

OCNモバイルONEでは新品のiPhoneに加え、中古のiPhoneも取り扱っています。

いま人気となっているのが、中古で価格相場が落ちきってきている「iPhone 8」
OCNモバイルONEなら、美品状態のiPhone 8が5,390円で購入可能です。

在庫の流動性はかなり高いので、在庫切れにはご注意ください。

中古iPhone 8 5390円

【1円】Redmi 9T

Xiaomi Redmi 9Tが1円で販売されていますが、当記事執筆時点では在庫切れとなっています。

1円販売端末の人気は凄まじく、再入荷となっても、すぐに売り切れとなってしまうので、在庫ありだったらラッキーです。

参考:Redmi 9T 在庫状況 – 8月12日(金)

↓ 記事執筆時点では、「品切れ」状態。

中古iPhone 8 5390円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。