【初期化】おサイフケータイのリセット・利用状況を未利用にする手順解説

おサイフケータイ初期化方法

最近は、スマホを買い替える際に、古いスマホを「ゲオ」「じゃんぱら」「イオシス」などの買取店に出そうと考えている方も多いハズ。

おサイフケータイ搭載端末では、おサイフケータイがきっちり初期化されていないと、買取基準に満たないということで、「買取不可」となってしまいます。

おサイフケータイ初期化手順(メモリリセット)

おサイフケータイを初期化(メモリリセット)する手順をキャリア別に解説していきます!

方法としては、「キャリアショップで行う方法」と「自分で行う方法」の2つがあります。
※お近くにdocomoショップがある方を除き、基本的には自分で行うのがオススメです。

メモリ利用状況の確認方法

まず、ご存知の方も多いかと思いますが、
スマホ買取店で必ず確認される項目「メモリ使用状況」の確認方法をご紹介しておきます。

「おサイフケータイ」アプリを開き、
左上「≡」→「サポート・規約」→「メモリ使用状況」

ここの表示が「未利用」になっていれば、OK!
ここの表示が「利用中」だと買い取ってもらえません。

【 キャリアショップで初期化】

各キャリアショップでの削除方法をまとめていきます。

docomo

docomoショップは店頭設置の「DOCOPY(ドコピー)」という端末でおサイフケータイの初期化が可能である為、店舗が近いなら、一発で消去できるので簡単です。

お店に入って自分で行うため、来店予約も不要ですし、誰も使っていないことが多いので、待ち時間ゼロです。

おサイフケータイの初期化・メモリリセットに関しては、他キャリアとくらべて、一番良心的なのがdocomo。

au / Softbank

au / Softbankは、おサイフケータイの初期化に関して、店舗ごとに対応可否が異なります。

一店舗目で対応してもらえればラッキーですが、最悪、複数店舗を巡る必要が出てきますので、以下のように、事前の電話確認がオススメです。
「おサイフケータイの初期化はしてもらえますか?」

また、おサイフケータイの初期化に関しては、回線契約なし・中古端末であっても対応してもらえるハズです。
(auショップでは対応してもらえました。Softbankは未確認。)

楽天モバイル

楽天モバイル取扱端末は、「Rakuten Hand」「Rakuten BIG」などの自社端末を除き、扱いとしては「キャリア端末」ではなく「SIMフリー端末」となっています。

SIMフリー端末に関しては、基本的にメーカーに端末を送り「修理対応」という形で、おサイフケータイを初期化してもらうことになります。
その為、楽天モバイルのオリジナル端末を除き、キャリアショップでは対応してもらえません。

楽天オリジナル端末であっても、キャリアショップで対応してもらえないという話もありますので、ご注意ください。
こうした対応を続けているんだとしたら、おかしな話ですけどね。

【メーカーで初期化】

キャリア版端末ではなく、SIMフリースマホに関しては、メーカーに送付して「修理」という形でFelicaのICデータをリセットしてもらう形となります。

メーカーごとに、Felica初期化料金は異なりますので、各メーカーにご確認ください。

Google Pixelシリーズに関しては、「iCracked」という店舗にて、3,300円でFelicaリセットが可能なようです。
参考:iCracked Pixelメニュー

【自分で初期化】

自分でおサイフケータイの初期化を行う手順を解説していきます。

まず、アプリのアンインストールではメモリがリセットされません。
アンインストールしてしまうと、再度インストールして、残高移行・連携解除などの手順を踏む必要がありますので、アンインストールはしないでおきましょう。
※誤ってアプリをアンインストールしても、電子マネー残高・プリペイド残高・ポイントなどは消えませんので、ご安心を。手間が増えるだけです。

対応が必要なアプリの一覧

ご自身のスマホにインストールされているアプリの中で、おサイフケータイの初期化を行っていく必要があるアプリの確認方法は、おサイフケータイ対応端末にプリインストールされている「おサイフケータイ」アプリを開くことで確認可能です。

アプリトップに表示されている、サービスが、そのスマホで利用されているサービスとなります。

その他、おサイフケータイの初期化・連携解除が必要なアプリの中で代表的なものを挙げていきます。
下記がすべてではありません。

電子決済系

交通・ポイント系

残高移行・機種変更手続き

上記で掲載した、「電子決済系」のアプリであれば、残高移行や機種変更手続きを行い、乗り換え先のスマホに残高を移す手順を行うことで、自動的に旧端末のデータは消えます。

「交通・ポイント系」のアプリに関しては、各アプリ・公式サイトから連携解除を行うことで、Felica ICチップ上のデータが削除されます。

【要注意】 初期化前の必須確認事項

「電子決済系」サービスに関しては、残高移行を行わずにメモリを消去してしまうと、残高がすべて消え去りますので、ご注意ください。

キャリアショップで、おサイフケータイを初期化してもらう場合には、店員さんから「残高は残っていませんか?」という確認が入ります。

ドコモショップ内「DOCOPY」を使って自分で行う場合、自分ひとりで行う形になりますので、お気をつけください。(画面上には確認が出るハズですが。)

ご自身でスマホのアプリ上から行う場合、残高移行や機種変更の手続きを伴わずに、初期化・メモリリセットはできないようになっています。

【アプリ別】メモリ削除方法

各アプリごとのおサイフケータイメモリの削除方法を公式解説をまとめていきます。

電子決済系

交通・ポイント系

【最後に】かざすフォルダ削除

上記全てのアプリの残高移行・連携解除・ICデータの削除を行っても、利用状況が「利用中」となっている場合、「かざすフォルダ」の削除も行ってみてください。

下記手順で、「かざすフォルダ」の削除ページで指示通りに進んでください。
https://kaza-s.jp/setting_delete.php

上記URLがリンク切れとなっている場合などは、「おサイフケータイ」アプリから下記手順にて辿ってください。

端末初期化・アプリアンインストールでは消えない

「おサイフケータイ」アプリで確認できる「メモリ利用状況」というのは、FelicaのICチップ上に残されているデータとなります。

その為、端末の初期化・工場出荷状態に戻す(ファクトリーリセット)では、おサイフケータイのメモリは消えません。
また、おサイフケータイを利用する各アプリ(モバイルSuica・楽天Edy)などをアンインストールしても消えません。

auショップでひと悶着あった体験談

auショップ 1店舗目】 「対応できません。」の一点張り

一店舗目、自宅近くのauショップに赴き、
自分ではメモリの消去が絶対にできない状況である旨を説明。

「当店では、対応できません。」の一点張りでした。
「こういう状況に陥っても、auショップでは対応しない。ということですか?」と聞くと、「そうなります。」との回答。

筆者は全く納得できなかった為、別のauショップに行きました。

auショップ 2店舗目】 無償対応

別のauショップに赴いて、状況説明したところ、普通に、おサイフケータイの初期化をしてもらえました。
また、筆者はどうしても自分で初期化できない状況でしたが、そうでない場合でも、おサイフケータイの初期化は対応してくれるとのことでした。

なんとも親切。

恐らく代理店ごとで対応が異なる。

おサイフケータイの初期化を断固拒否した一店舗目の代理店は「株式会社ワイエスシー」運営の店舗。

対して、おサイフケータイの初期化を快く引き受けてくれた二店舗はトヨタ系列の運営店舗。

代理店によっても、対応に差があるように思います。
店舗によっては、おサイフケータイのIC消去の設備が無い等の可能性もあるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。