「このユーザーはアクセスポイント名設定を利用できません」の解決方法

SIMカードステータス更新

「このユーザーはアクセスポイント名設定を利用できません」というエラーの対処法を解説していきます。

SIMロック解除済みなのに、APN設定ができない!というケースで必要な手順となります。

解決策(3ステップ)

Wi-Fiに接続する

「このユーザーはアクセスポイント名設定を利用できません」というエラー表示が出た端末をWi-Fiに接続してください。

SIMステータスを確認

設定画面から、SIMカードのステータスを確認していきます。
辿り方は、端末メーカーやOSバージョンによって異なりますので、いくつか例を挙げますが、下記に該当しないものもあります。
似たような項目名を探して進んでください。

パターン1. 「設定」→「デバイス情報」→「SIMカードステータス」
パターン2. 「設定」→「端末情報」→「SIMカードの情報」→「SIMカードステータス」
パターン3. 「設定」→「端末情報」→「ステータス」→「SIMカードの状態」

SIMステータスを更新

SIMステータス画面に「SIMステータスを更新」というボタンをタップしてください。

「SIMロックステータス」という項目が、「許可されていません」から「許可されています」に更新されていればOKです。
これで、各格安SIMなどのAPN設定が登録可能となります。

上記通りにできない場合

「グレーアウトしてボタンが押せない」であったり、「許可されています」になっているのに通信できないなどの関連FAQを当記事下部でまとめておきます。

そちらもご確認ください。

原因

この「このユーザーはアクセスポイント名設定を利用できません」という表示は、auのandroid端末で発生します。

SIMロック解除に際し、SIMロック解除コードを利用する、docomo / Softbank / Y!mobileと異なり、auではネット経由でSIMロック解除の許可を端末に送信します。

「My au」で既にSIMロック解除手続きが完了していても、その情報が端末に反映されていないケースでこの現象が起こります。

その為、Wi-Fi環境でインターネットに接続した上で、SIMステータスの更新を行いました。

この手順を踏むことで、手元の端末のSIMロック解除が完了となり、APNの追加設定が可能となります。

以下、上記でご紹介した手順にて、解決できない場合のQ&Aとなります。

FAQ

更新ボタンがグレーアウトしていて押せない。

インターネットに接続されているかご確認ください。
(Wi-Fiもしくは通信できるSIMが挿入されているかどうか)

「許可」となっているのに通信できない(新規契約)

SIMカードがきちんと挿入されており、APN設定が正しいか、今一度ご確認ください。

「許可」となっているのに通信できない(MNP)

SIMカードがきちんと挿入されており、APN設定が正しいか、今一度ご確認ください。
MNPで回線切替をした直後は、回線切替待ちの可能性があります。
回線切替が完了すると、MNP先の新しいSIMカードで通信できるようになります。

2 COMMENTS

盛島明哲

楽天モバイルに加入し、AUで使っていたKYV48にAPN 設定をしようとしたが、なかなかできません。
対応機種ではないので難しいようです。
何か方法があれば教えてください。
SIMステータスが触れないようになっています。

返信する
スマナビ編集部

盛島様

コメント有難うございます!

・Androidのシステムアップデート
・SIMロック解除

もし、上記2点お済みでなければ実行して頂き、
下記2点お試しください。

・au以外のSIMカードを挿入
・Wi-Fiに接続

「このユーザーはアクセスポイント名設定を利用できません」
という表示の画面にて、そのままAPNを追加できませんでしょうか?

当方、当該端末を所有していないので、
明確なお答えできず、申し訳ございません…。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です